愛するパートナーとの大事なプライベートタイム

楽しく会話をしたりして有意義に過ごせていますか?

家庭内は完全に2人にとって同等なテリトリー。
日常での疲れをスッキリとリフレッシュする場であるのが正しい形です。
しかし何だかパートナーは楽しそうにしてくれないってことはないですか?

ましてや・・・やたらと機嫌が悪くプンプンと怒っているパートナーの姿があなたの日常になっていませんか?

 

もし当てはまるならば、

モラルハラスメントの可能性は十分にあり得ますので心構えが必要です。

 

出会った頃や結婚する前などはとっても穏やかで優しかったパートナー

付き合いが深くなったり、婚姻をした途端に突如、豹変したのではないですか?

そうであるならば、モラハラの典型的な初期症状です。

 

そのメカニズムは・・・

・非常に独占欲が強く、相手が完全に自分の所有物になったと確信すると同時に、その習性が顔を覗かせます。
・母性を異常に欲しており、パートナーのことを『お母さん』という認識をする性癖があります。
・反抗期の子供のイメージが最もわかりやすい例えになります。

あなたのことをお母さんだと認識している反抗期の子供なわけですから、

お母さんに甘えてプンプンと機嫌が悪い子供と考えれば腑に落ちるのではないでしょうか?

 

お母さんに甘えて何が悪いの?という思想なので、

本人は自分の態度がおかしいことに気付くことはありません。

また、あなたがパートナーの異常に気づき指摘をしたところで

自分の歪んだ感情に気付くことはありません。

 

逆にあなたに対して、訳の分からないことで怒っている『頭のおかしい奴』と位置付けるのです。

 

モラハラ加害者は常に自分は被害者という思想を覆すことはありません。

 

パートナーとの間で不穏な空気が漂い始めても、全て『相手のせい』になるのです。

それは幼少期からの成長過程での間違った教育が関わってきますので、

パートナーへ向けた、いびつな意識は変わることはありません。

 

モラルハラスメントは絶対に治ることはないと断言できます。

 

たとえば・・・

きれい好きな人が突然に不潔になるなんてこと、ありえませんよね?

虫嫌いの人が突然に虫好きになるなんてこと、ありえませんよね?

 

上記の例えを覆す方がいらっしゃったとしても、だいぶんレアな症例になるのではないかと思います。

それと同等に、モラハラ加害者の性質とは根深いものなのです。

 

慢性的にあなたに対して何故かプンプンと機嫌が悪いパートナーに悩まされている方、

モラルハラスメントの可能性を疑う必要があります。

 

あえて重複しますがモラハラは治りません。

このままだとあなたは一生、まったく楽しくないプライベートを過ごさなければなりません。

 

将来を見据え、モラハラなパートナーとは距離を置く心づもりでいましょう。

モラルハラスメントは精神的暴力です。

もしお子様がいらっしゃるならば、心が健康な親の姿を見せることに重点をおくべきであるとともに、

幸せな未来のために人生の軌道修正をしましょう。

 

モラハラ加害者はまともな話し合いができません。

対処法は出来る限り関わらない。

それしかないのです。

あなたの自立に向けて準備を進めることをおススメします。

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
いつもクリック協力ありがとうございます。にほんブログ村

スポンサーリンク
モラハラ診断テスト

 

求人

 

シンママ・シンパパ必見サイト