生きていれば色んな出来事に遭遇します。

上手くいかないこと、その人にとっての屈強な壁、そんなものはもちろん山ほどありますが

様々な経験を乗り越え人とは健全に成長していくものです。

 

責任感も芽生え、自己解決能力も発達し、

いつしか子供のころに頻繁に口にしていた『○○のせい』という言葉は使わなくなるものです。

ましてや『人のせい』なんてことを言ってしまっては、

何事も解決しないどころか前進もないのだと、自然と学ぶようになります。

 

 

ですが・・・時折『お前のせい』『お前が悪い』などという言葉をパートナーへ向けて頻繁に使う人間がいます。

リアルにあなたのパートナーが、事あるごとにあなたの責任にして満足をする人ならば、

それはモラルハラスメントなのだという意識を持たなければなりません。

 

そのメカニズムは…

・幼少期からの成長過程においての間違った教育との因果関係があります。

・非常識な感覚を植え込まれた人格は非常に幼稚で歪んでいます。

・母親からの愛情のような一方通行な無償の愛を欲しています。

 

モラハラ加害者の特徴を探ってみますと、非常に単純な答えに辿り着きます。

母親からの愛情が足りなかったことが原因だと推測されているのです。

 

その穴埋めを求めたものが、パートナーへのいびつな関係性へと繋がっていく仕組みです。

 

家族であるならば甘えさせてもらえるもの、という方向にしか意識はいきません。

ましてや自分が家族を守らなければ支えなければ幸せにしなければ…等という発想へは一生辿り着かないのです。

 

反抗期の子供をイメージしてみて下さい。

あなたのパートナーが常にプンプンと機嫌が悪い理由が腑に落ちるのではないでしょうか?

お母さんがお母さんが!と母親のせいにして駄々をこねる幼子なのです。

 

あなたがパートナーの異常に気づき指摘を試みたところで、

相手は、あなたが何を言っているのかすらわかりません。

お母さんのせいにして何が悪いの?という感覚なのでしょう。

訳の分からないことを訴えてくるパートナーに困ってしまう…等と被害者側へ回ろうとするのです。

その心理が『お前の頭がおかしいから』という表現になってしまうのでしょう。

 

したがって…

・モラルハラスメントが治ることは絶対にあり得ません。

・外では普通に生活できるにも関わらず家庭では異常なので、今の環境ではあなたに逃げ場はありません。

・まともな会話が成立しない相手とは、全力で関わらないことが重要になってくるのです。

 

もしあなたが・・・もう少し頑張ればパートナーは変わってくれるかも?

という考えが念頭にあるならば、

それはまさに洗脳の中にいます。

 

あなたを傷つけたり、健全な日常生活を害する人間はあなたに必要ではないということを今一度考え直し、

人生を軌道修正していきましょう。

 

お子様がいらっしゃるならば親御様の心の健康は必要不可欠なものです。

モラハラの現場を目の当たりにして成長することは、子供の成長過程に間違った教育を植え込むことになります。

 

モラハラの無限のループに入りこむことを恐れるべきです。

 

あなたの幸せ、そしてお子様の生きやすい道筋をつくる意識を持ちましょう。

低能な人間との縁を断ち切るには、自分自身の志を高く持つことしか方法はありません。

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
いつもクリック協力ありがとうございます。にほんブログ村

スポンサーリンク
モラハラ診断テスト

 

求人

 

シンママ・シンパパ必見サイト