話し合いそれは人としてのコミュニケーション法として私生活で無数に遭遇するもの。

 

結婚しているパートナー同士ならば尚更。

様々な話し合いの場面が想定できるでしょう。

 

例えば・・・親や親族の老後のこと。

マイホーム購入やマイカー探し、

将来を視野にいれた人生設計から金銭的な計画プラン…

子供の教育方針について。
細かい話題まで例に挙げると、今日の夕食はどうする何食べる?

なんて、他愛のない声掛けetc

 

あなたは様々な共有事項について、

パートナーへ問いかけるなんてことは、一日に何度もあるのではないでしょうか?

愛し合っている二人の間では、そんなやり取りですら幸せの証。

 

 

しかしあなた方の間では…何故かまともな意見などは出ないし解決へも至らない。

それどころか何故か気持ちの良い終わり方をしてくれない。

厳密に言えばどうもあなたの心は傷つけられて終了している?

 

そんな不穏な想いを抱えるあなたにもお構いなく、パートナーはあなたとのコミュニケーションを一人で満足しているのでは?

 

 

そんな状況が頻繁に身に降りかかっている?もしそうならば、

それは間違いなくモラルハラスメントの被害に合っていると考えても良いでしょう。

 

モラハラ加害者の大きな特徴…

・パートナーへの支配欲が異常に強く、あなたの言葉そのものも自分が支配するのが当然だと信じています。

・パートナーよりも優位に立つ事に喜びを感じるために、相手を罵って否定するという会話の選択が自然と出てしまいます。

・パートナーのことをお母さんとして認識しているかの如く、あなたが自分のペースに合わせてくれて当然だと思っています。

 

 

こんな人間が出来上がる仕組みは…

 

幼少期からの成長過程において、間違った教育を埋め込まれてきたことが大きく影響しており、

自分のものとして選んだパートナーとは建設的な会話というものは出来ません。

それがカップル間のまともなコミュニケーションだと本気で思っているのです。

 

彼らに備わった間違った教育とは…

 

母親の愛情が薄かったのではないかと考えられています。

その為に幼き頃から求め続けている母性の穴埋めをしてくれる存在を無意識に探しています。

大人になり、それをパートナーへと要求するのです。

 

 

パートナーをお母さんだと認識したモラハラ加害者に何を訴えても無駄です。

 

お母さんに甘えて何が悪い!という思想が潜在意識に組み込まれている訳ですから、

自分を拒絶される意味もわかりませんし、思い通りの発言をしてくれないあなたに対して怒りの感情が芽生えるのです。

それがパートナーを怒鳴りつける、罵って否定するという表現へと発展してゆきます。

話し合いどころが、会話を試みれば全力で攻撃してくるのです。

 

あなたは何とかその状況から抜け出そうと、

良いパートナーシップを築くための努力を試みたのではないでしょうか?

それには当然、言葉でのコミュニケーションが必須。

あなたは、話し合いで解決に導くというプロセスを踏もうとします。

ところが、

あなたの求めている展開へ向かうことはないのです。

 

結果…いつもあなたが傷つけられて終了するように仕組まれています。

 

 

モラハラ加害者と話し合いを試みても、まともな方向へ導かれることは絶対にありません。

 

 

それでももう少し頑張ってみようとあなたが思っているならば、

それはまさにモラハラの洗脳の中にいます。

 

よく考えて下さい。

あなたは誰かに傷つけられたりするために生まれてきたのでしょうか?

健康な精神状態を約束されない日常は普通ではないということに、

今すぐ気付く必要があります。

 

お子様がいらっしゃるならば親御様の心の健康は必要不可欠なもの。

モラハラを目の当たりに成長する子供もまた、人を傷つける事や傷つけられることに非常に疎くなってしまう可能性があります。

愛する家族のために、何よりもあなたの為に、人としての生活を取り戻せるよう心構えが必要です。

 

今のところモラルハラスメントの対処法はありません。

出来る限り関わらないこと

それしかありません。

会話をすれば傷つけられます。

ほんの他愛のない話題でさえも攻撃対象になりますよね?

まともに相手をしていればあなたへの被害はどんどん深まります。

モラハラという事態を今以上に深く受け止め知恵を付け、幸せな未来へ進めるよう心がけましょう。

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
いつもクリック協力ありがとうございます。にほんブログ村

スポンサーリンク
モラハラ診断テスト

 

求人

 

シンママ・シンパパ必見サイト