パートナーの家族や友人、職場の人たちとの交流

それは日常生活で必要不可欠なものとなってくる。

あなたは愛する人の周囲の人間とも末永く付き合っていこうと決心したのだと思います。

なのに、頑張っているあなたの想いとは裏腹に

なぜか周囲の人たちは、あなたの人柄を勘違いして認識していませんか?

 

たとえば…性格のキツイ我儘な人間だとかの身に覚えのない人物像が定着しているなんてことも。

 

それどころか…よくよく観察してみると、

あなたの間違った情報、すなわちあなたの悪口をみんなに言いふらしているのは、

紛れもなくあなたのパートナーが犯人だった。

ということはありませんか?

 

もしあてはまるならば、それは決定的にモラルハラスメントに該当します。

 

愛するパートナーが何故そんな酷い事をするのでしょうか?

そのメカニズムを紐解いていきましょう。

 

モラハラ加害者の特徴として・・・

・自分はこんなに可哀そうというアピールを周囲の人間に見せる特性を持っています。

パートナーはコレコレこんな風に自分を困らすんだ等の自分は頑張っているアピールをします。

・普段自分はやりもしない家事や育児をあなたが全然やらないという設定を創り上げたり、自分が全て管理しているというような類いの嘘をつきます。

 

モラハラ気質の人は幼少期から母親の愛情に飢えており、常に誰かに褒めて欲しいと望んでいます。

その願望は極めてすさまじく『自分はこんなことできるんだ!ねぇ、褒めて!』

と言わんばかりのとぼけた表情を見せてきます。

 

また、他人に対して少し天然キャラのような素振りを見せたりすることも得意中の得意です。

その真意は全て、『頑張ってるのに可哀そうだね』と周囲の人間に言ってもらうための演技なのです。

 

モラハラ気質の人間はかなりの高い確率で、

才能豊かな演技力を持っているのが不思議でならないほど。

悪知恵が働くズル賢い子供をイメージして下さい。

あのままの嘘つきな子供の状態で成長したとお考え下さい。

したがって…周囲の人間は、あなたのパートナーが自分の前ではどんなに酷い人間かを訴えても

あなたの言い分には耳を貸そうとしません。

 

 

結果・・・

・あなたが受けているモラルハラスメントについて誰も信じることはありません。
・逆にあなたが訴えれば訴えるほどに皆、あなたのことを我儘なキツイ人間だと感じます。

『あんなに素敵なパートナーがいるのに文句ばっかり言ってる酷い人』などの信じられない言葉を投げかけられることも珍しくありません。

・気が付けばあなたは完全に周囲からは孤立してしまうのです。

 

これはモラハラ被害者にとっての何よりも許しがたい事例の一つになります。

 

このような経験を経たモラハラ被害者は、確実にパートナーのことを嫌いになっていくのです。

 

しかし加害者の方は訳がわかっていません。

自分の行っていることの自覚が全くありません。

 

本人からすると、ただお母さんに甘えているだけなのですから。

 

あなたの苦しみに気付くことは一生あり得ません。

逆に『何を怒っているんだ頭のおかしい奴』なんていつもの如く、あなたが欠陥だらけな人間だと位置付けられるのです。

 

このままだとあなたは一生幸せにはなれないのです。

出来る限り早期に逃げることを意識しましょう。

 

モラハラなパートナーは例えあなたと別れたとしても、

一生あなたの悪口を周囲に言いふらして生きていきます。

『あの頭のおかしい奴』と言い続けるのです。

腹立たしくはありますが、そこは飛んでもない人間に捕まってしまったと若気の至りとし、グッと堪えて諦めましょう。

 

どうせ相手は幸せなんかには一生なれません。

これも一つの経験値としてあなたの財産になります。

 

あなたは幸せになりましょう。

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
いつもクリック協力ありがとうございます。にほんブログ村

 

スポンサーリンク
モラハラ診断テスト

 

求人

 

シンママ・シンパパ必見サイト