セブ島 高校留学 フィリピン入国ルールに注目
マレーシアで無事に9年生(中3課程)を終了できた息子ですが…

もっと快適に過ごせる学校を探し求め、マレーシア国内での転校を試みました。

しかし大撃沈。

急遽、フィリピンはセブ島の学校に10年生として受け入れて頂けることになりました。

マレーシアはここ近年、留学生に人気の国として注目されていたので情報も豊富ですが、セブ島はいったいどんなところなんでしょう?

現在進行形、ただいま留学中。

留学生の親の目線で少しずつ発信してまいります。

まずはピカピカ驚きのNew空港

セブ島には今まで行ったことがなかったのですが、息子が初めてセブ島に上陸したのは2018年7月の半ば

とにかくタイムリーなことに、その7月の頭に国際線専用の新ターミナルがオープンしておりました。

マクタン・セブ国際空港の外観

マクタン・セブ国際空港の外観

空港内の様子

空港内の様子

東南アジアの場合、建物の外観が凝っていても清掃が行き届いていなかったり、ところどころ目を覆いたくなるダークな部分もあったりするもんですが、

この空港は正真正銘のピッカピカ!

おかん
トイレも確認したけど、ピッカピカ!!

オープンしたばかりということも関係してくるかもわかりませんが、それを維持してくれるのかどうか?というところですが…

今後も期待して観察していきたいですね。

マクタン・セブ空港は以前は国内線と国際線が1つのターミナルだったものが今回のリニューアルによって、国際線専用ターミナルが誕生し、新しく生まれ変わりました。
アジアのハブ空港として24時間営業になり。
セキュリティチェックの改善やチェックインのスムーズさにこだわった設備。
何もかもが最新のものに変わりました。

SIMショップもありますよ。

マクタン・セブ空港SIMショップ

マクタン・セブ空港SIMショップ

空港を出たところに、めっちゃ簡易的なSIMショップがありました。

この時、私が行ったのは8月でしたが、息子が最初に訪れた7月は、別の場所にあったということで

オープン仕立てなので、もしかしたら場所がまだ定まっていない可能性もありますね。

どちらにしろ、この空港自体はそんなに馬鹿でかい空港ではありませんので、すぐに目に留まるところにあるでしょう。

このSIMショップの後ろに車が映ってますが、タクシー乗り場です。

誰にも迎えに来てもらっていない?感じの旅行者を見かけたらタクシー乗り場まで案内してくれる人がいます。

お兄ちゃん
日本人ですか?タクシーの値段を安くしてあげますよ。

おかん
えっ!嬉しい。
フィリピン人めっちゃ優しい!

めっちゃフレンドリーで片言の日本語を使ってコミュニケーションとってくれる優しいお兄ちゃん。

初めて訪れた土地で親切にしてもらって喜んでしまって、てっきりタクシー会社の人なのかと思ってたんだけど。

タクシーが来た途端…親切な兄ちゃん…なんか違う。

あきらかにタクシードライバーとその兄ちゃん、知り合いじゃなくって…

その兄ちゃん『交渉してあげたからチップチップ』なんて言い出して…

チップは別にいいんやけど、その時たまたま、空港の両替所が閉まってて、ATMも壊れてて、フィリピン・ペソを少ししか持ってなくて…

タクシー代でギリギリの現金しかなかったんで、なんか10円くらいしか渡せなくて…

兄ちゃん、明らかに顔色変わってたな。

おかん
あぁ…
兄ちゃん、そういう仕事やったん?

ごめん…

ちなみに現地の方に聞いたら、一応フィリピンはチップ制度はないということ。

日本人が騙されて払ってしまうのだとか…

フィリピン出入国時の注意点

皆さん、航空券を買ってパスポート持って、飛行機にのったら簡単にフィリピンへ入国できると思っていませんか?

フィリピンへ入国するのって、あんがい大変なんです。

どうしても国へ入れて欲しければ、フィリピンオリジナルの条件をクリアしなければなりません。

その条件についての話題をしていきましょう。

入国の条件

まずは全ての人に共通される条件。

フィリピン行きの航空券を購入の際は、帰りのチケットも購入する必要があります

必ず帰りますという証を日本の空港を出国する際に提示しなければならないんです。

ビザがなければ1か月以内のもの

ビザがあれば1か月超えていてもOK

渡航当日にバタバタしないように気をつけましょう。

でもフィリピンは日本からもそんなに遠くありませんし、お手軽な価格で出かけられるものですから

帰る日なんか決めずにフラッと旅に出たり、気にいったらしばらく滞在して…なんてバックパッカーの方とかいらっしゃるんではないでしょうか。

うちも急遽セブへの転校が決まって、すぐ来て!という流れだったんで、ビザも申請中で、学校の年間予定なんかもまだわからなくて、帰国の日程がわからなかったんですよ。

さぁ、どうしようとなりました…しかし

こんな裏ワザがありますよ。

要は、私は必ずフィリピンから出国します!という証明が必要なわけです。

日本行きのチケット必須とは言われておりません。

フィリピンから出るのであれば、別の国でも問題がない、という仕組みであります。

フィリピンからフライト代金が一番安い国へ飛ぶチケットを購入し、それを捨てチケットとして利用する方法があるんです。

私が知る限りではマニラ⇔マレーシア・コタキナバル間のフライトが一番格安。

その時期は偶然、エアアジアのセール期間中だったので、なんと3000円でした!

この場合、入国したのはセブ空港でしたが、同じフィリピン国内発であれば、マニラ発でも問題なしです。

その他、フィリピンに行き慣れている方は様々な裏技を知っておられます。

要は、フィリピンに無意味に居座りません。というアピールが必要なだけ。

でも!!

わかっていると思いますが、ビザなしなら捨てチケットも30日以内のモノにして下さいね。

おかん
私、バカなのでうっかり一番安い日ばかりを考えてしまって、30日超えた日程の捨てチケットを買ってしまいました。

結局、大丈夫だったんですけどね。

グランドスタッフさんに

『今日から留学するんですが、ビザ申請中なんです。フィリピンについたらビザ受け取れます。』

なんて、嘘ではないけれども、その場しのぎに適当なこと言っちゃいまして。

しかも息子のパスポート、年齢の割にはびっくりするほど色んな国へ飛びまくってるスタンプで埋め尽くされているもんですから、めっちゃ説得力あったみたいで

そしたらスタッフさんが上司さんへ電話して、その旨を伝えたら…なんと

いいんじゃな~い?ってことで、あっさりと日本を出国させてもらえました。

そんなもんなの?

という感じですね。

要は、悪いこと企んでるわけではないアピールが必要なんですね。

日本を無事出国したら大丈夫。

フィリピンでは提示を求められませんから。

未成年一人旅のフィリピン出入国の注意点

うちは子供を中学からアメリカや東南アジア各国に一人でがんがん渡航させてたから、考えたことがなかったんですが

フィリピンへ未成年だけで出入国するには年齢規制があることをご存知でしたか?

これ、知らずに出国させようとすれば、大変なことになりますよ

フィリピンへ単独での出入国は、15歳以上という規制があるんです。

15歳未満の子供、すなわち14歳以下の出入国に関しては、保護者の同伴が義務づけられています。

他の国って、小学生でも一人で渡航するのは珍しくないので、今までフィリピンに縁がなかった人は知らないですよね。

私も知らずにフィリピンへ受験に行ってこい、と気軽に言ってしまいましたが、

エージェントさんからそんな規制があると聞いてビックリしました。

でも、うちの子はこの時点で15歳でしたからセーフでしたよ。

だけど、これ知らずに小学生が友人家族の付属でフィリピン旅行に出発したところ

実の保護者が同伴でないから、その子だけ無理~となった例を聞いたことがあります。

その子、地方から出てきたということで空港から自宅も遠く、一人でなんか帰せないし…空港に放置もできないし…と

結局、そのグループ全員が出国を諦めたそうです。

怖い怖い…

厳しいんです、とっても。

だから15歳未満の留学生は、休日に帰国したくても親がフィリピンまで送り迎えしてくれないと帰れないんです。

みんな帰ってんのに、一人で寮にポツーンです。

悲しい悲しい…

まとめ
・フィリピン入国時は出国の航空券も必須。

・復路の日程が決まってない場合は捨てチケットなどを利用する裏技あり。

・ビザなし30日以内、ビザあり30日以上OK。

・15歳未満の出入国は保護者の同伴が義務付けられている。

どうかお気を付けください。

マレーシア留学とセブ留学の違い

フィリピン・セブ島って、スポットを当ててみるとめちゃくちゃ英語教育に適したステキなところなんです。

近年、留学で注目を浴びて人気ダントツなマレーシアとはどんな違いがあるのか比べてみましょう。

日本からの渡航時間(直行便の場合)

マレーシア⇒約6時間半から7時間

フィリピン⇒約4時間半から5時間

国民の英語レベル

マレーシア⇒"なまり"がきつい

フィリピン⇒めっちゃ発音がきれい、ネイティブ並み

留学費用

マレーシア⇒留学生はインターナショナルスクールしか入学できないので、学費がそれなりに高額(欧米よりは安いが…)
正しくは、現地の学校でも受け入れ可能だがマレー語での授業が中心となるため留学生には需要がない。

フィリピン⇒現地の学校でも英語での授業。
フィリピン現地校は学費めっちゃ格安。

ざっと上げてみても、フィリピンの方が絶対に留学や英語教育に適しているんです。

でも、なんで今まで私の中でスポットが当たらなかったのか?

やはり、フィリピンは何かと規制があるから…

かもしれません。

攻略してみれば大した規制ではないんです。

でもそれと比べてマレーシアって、めっちゃ簡単なんですよね。

適当、というと言い方が悪いですが、特に出入国にも規制もありませんし

留学に関しての書類なんかも、そりゃ色々あって大変ですが、マレーシアに関してはそこまで大変ではなかった、という印象です。

フィリピンは書類関係も色々と厳しいです。

アメリカに短期で留学させた時も、めちゃくちゃ大変でした。

そう、だから手っ取り早くマレーシア留学へついつい手を出してしまったんだろうという答えがでました。

でもそんなもの、大変でも乗り越えたら大丈夫!

英語の発音も美しいし、学費も安い!

町中がフレンドリーで一生懸命に日本語を使ってコミュニケーションをとってくれる人がたくさんいることに驚きでした。

振り替えるとマレーシアではない経験でした。

マレーシアでの受験に失敗してしまって、よくわからないまま流れついたわけだけど、とっても良い方向への導きだったんだなということで

どきどき15歳のセブ島留学が始まったのでした。

セブ島 留学編の関連記事
  • セブ島、不安定な街並みに魅力満載
  • セブ島の現地校 WOODRIDGE International school
  • セブ島 高校留学 フィリピン入国ルールに注目