ADHDの息子、犯罪者予備軍とまで言われた幼少期から海外留学までの10年

10年ぶりにブログを始めてみようかな。

ADHDの息子がまだ幼いころの話になるけれど

その破壊的な多動児は日々何かしら事件を起こし

暴れる我が子を抱えながら方々で頭を下げるしか術のない生活が、私の子育て人生の最初の頃。

それをはたから傍観していた知人に

『その生活を世の中に発信しなさい』と言われたことがある。

『発達障害児を抱えて苦しんでいる人たちに、あんたの力強く子育てしている姿を見せなさい』

そんな言葉に心打たれ、その時は何となくブログを始めてみたのだけれど

あの時代は今よりもはるかに発達障害の認知度は低く

ADHDの息子の異常な行動は世間には犯罪者のごとく厳しく叩かれる日々。

私も力強く生きているつもりでいたけれど、涙を流さなかった日はなかったように思う。

せっかく始めたブログなんてすっかり忘れてしまっていた。

とにかく、あの頃は願うしかなかった。

早く時が過ぎろ!って。

あと10年たったら、どうなっているんだろう。

『どうか、私の大事なこの子が幸せになりますように』

あの頃は、ただそれを願っていた。

・・・あれから10年、息子は高校1年生。

彼は今、一人で海外で暮らしている。

そろそろ私の精神にも余裕が出てきた。

もう覚えてるかは微妙やけど、少しずつ振り返ってみようかなぁ...なんて考えたので

まだまだ過疎ってるブログですが、たまに覗いてもらえたら嬉しいかな。

決して重い話ではない、私は楽しんで育てたい。

そう思って日々を過ごしてきたから。

時は過ぎたけれどこれだけは変わらない。

私のこの子が幸せになりますように。

そして息子を海外に行かせているからといって、決してお金持ちの物語ではない。

これは本当。

今日も生きていてくれてありがとう。

とても悲しい言葉だった『犯罪者予備軍』なんて言う保護者の声。でもみんな我が子を愛しているだけなのです
2019.1.26
『犯罪者予備軍』だと言う人がいました。 私の息子のことを。 それは入学した小学校で縁があった保護者。 異常行動が絶えない多動児ですから…様々なお叱り、時には心無いものなどを含めるとたくさんのお言葉を頂...

お勉強は残念でも耳だけは良かった発達障害児、海外へ
2019.2.20
お勉強は天才タイプではなく残念タイプだった たとえば息子は、学習面がとてつもなく大変なことになっておりまして。 発達障害児の中には、お勉強面で天才と呼ばれるほどの才能を発揮できる人もいるのですが、我が...
  • 親が発達障害を認めてくれなくて死にたくなるかもしれませんが大丈夫です。きっとあなたは幸せになれます。
  • 発達障害への理解を得るのは難しいですが、理解を得るのを諦めても良いでしょう。
  • 発達障害を理解して貰えないストレスなんて、愉快な妄想さえあれば吹っ飛びます。
  • 『こんなの病気じゃない』と発達障害児へ平気で怒鳴りつける指導者が、あの頃は本当にいました。
  • 一般人としての表現は苦手なくせに、特殊な表現は天才的な発達障害の子供たち
  • とても悲しい言葉だった『犯罪者予備軍』なんて言う保護者の声。でもみんな我が子を愛しているだけなのです