発達障害を理解して貰えないストレスなんて、愉快な妄想さえあれば吹っ飛びます。


生きづらさを理解して欲しい

発達障害者の方が世間に望んでいること。

ただただ、シンプルに。

心の底から発信している。

皆が当たり前にできる事が難しかったり、とても時間がかかってしまったり。

感情のコントロールや喜怒哀楽が難しくって。

見た目は健常者と変わらないから信じられないかもしれないけれど

人との距離感や状況の把握を

いとも簡単に間違ってしまうんです。

そして悲しいけれど、間違っていることにすら気づけなかったり

それが私たちのハンディキャップ。

生きづらいんですって、懸命に訴えているのに

イマイチ理解して貰えていない感は否めないかもしれませんね。

でも近年は、少しずつではありますが、だいぶ理解が浸透してはきましたよ。

とは言え、ここに至るまでは、日本人の知識がここまで追いつくまでは

皆さんはだいぶ、ご苦労をしてこられたんではないでしょうか?

たとえば息子の小学校入学後の話になりますが

入学式で興奮して大暴れした息子を

周囲の保護者は許してはくれなくって。

新学期早々に緊急の茶話会なんてものを開かれたのです。

いいえ

茶話会という名の公開処刑

だったのです。

誰を処刑?

もちろん母親の私をです。

『息子さんのことの説明はないんですか!?』なんて叱られても・・・

おかん
私たちは別に内緒にしてたわけではないし。

入学前に学校にはきちんと説明しておりましたし。

とにかく、息子の幼少時代からの経緯やADHDという病のことを保護者へむけて説明しなければならない流れとなります。

みんな怖い顔でこっちを見つめているわけですから、途中、涙が溢れて嗚咽して上手く話せなかったり

情けないやら、恥ずかしいやら、悲しいやら・・・

色んな感情に押しつぶされそうでした。

担任の先生は超ベテラン女性教師でしたが、他の親御さんを怒らすようなことはしないで下さいというスタンス

そのまま2年間担任としてお勤めして下さいました・・・

マンガみたいですね~

結局、保護者の方たちは何がしたかったのでしょうか?

恐らく『入学前にそっちが私たちを集めて説明しなきゃいけなかったことでしょ!』

ということを言いたかった感じ?

あと、標的である私の涙をみて処刑終了、それでスッキリした。

そんな印象をうけました。

公開処刑の終わりは、保護者のボス的ポジション?の方が

ボス

では事情はわかりましたので私たちも協力していきますね!
他の皆さんもそれで同意してくださいますよね!

なんて決め台詞で、カッコよく締めくくってくれました。

その後?

協力?

そんな決定事項はスタイルでしかありませんでした。

仕方ないんです。

結局は誰も意味なんてものは分からないんですから。

あの頃は、この国自体に発達障害の情報なんてほとんどなかったんです。

その後、保護者の皆さんが、やり遂げたことというと

ただの異常行動にしか見えないウチの息子が迷惑だと、母親の私にクレームを入れる事だけだったんですよ。

『なんで母親なのに辞めさせないの!?』

『ちゃんと言い聞かせてしつけなさいよ』


なんて

無理難題を押し付けてくるんですから。

それが出来ないから。

おかん
それが出来ないんです・・・

そう私は心の中で訴えるしかなかったし。

そういう時代だったのです。

結局、とにかく謝る事しかできない使えない母親に愛想をつかせた保護者集団は

どうしても我慢できなくなり、連日、教育委員会へ駈け込むようになったようです。

自分たちの子供に悪影響しかないから、あの子に学校を辞めさろなんて・・・

辞めさせられるわけないやん。

公立やん。

そっちが私立に行けばいいのにね。

あんたたち、将来
うちの息子が超有名人になって
スターになって
地元の星!なんてうちの子をはやし立てたって
無視してやるから!

的な?突拍子のない妄想でもしてなきゃやってられない。

そう

妄想は宝

どんな嫌なことがあろうと

常に楽しい未来を妄想して、毎日進んでいく。

それしかないんです。

自分たちを理解して貰えないというジレンマやストレスなんて

愉快な妄想で吹っ飛ばすしかない。

私は息子を育てていかなきゃいけないから。

幸せになってほしい

そんな目標があるわけで。

その目標さえ見失わなければ

きっと道筋は間違えないでしょう。

妄想族バンザイ!

発達障害への理解を得るのは難しいですが、理解を得るのを諦めても良いでしょう。
2019.1.26
発達障害者への理解のお話ですが 生きずらさを知って欲しい、わかって欲しい等 世間へお願いしたいことが、それはそれは山ほどある訳ですが なによりも職場や学校などの世間との関係が一番の問題点かと思われがち...
  • 親が発達障害を認めてくれなくて死にたくなるかもしれませんが大丈夫です。きっとあなたは幸せになれます。
  • 発達障害への理解を得るのは難しいですが、理解を得るのを諦めても良いでしょう。
  • 発達障害を理解して貰えないストレスなんて、愉快な妄想さえあれば吹っ飛びます。
  • 『こんなの病気じゃない』と発達障害児へ平気で怒鳴りつける指導者が、あの頃は本当にいました。
  • 一般人としての表現は苦手なくせに、特殊な表現は天才的な発達障害の子供たち
  • とても悲しい言葉だった『犯罪者予備軍』なんて言う保護者の声。でもみんな我が子を愛しているだけなのです