発達障害への理解を得るのは難しいですが、理解を得るのを諦めても良いでしょう。
発達障害者への理解のお話ですが

生きずらさを知って欲しい、わかって欲しい等

世間へお願いしたいことが、それはそれは山ほどある訳ですが

なによりも職場や学校などの世間との関係が一番の問題点かと思われがちですね。

しかしもっと前段階はどうでしょう?

家族間での理解という課題もあります。

一番大きな壁と言える場合もあるかもしれません。

たとえば我が家の場合ですが、

ADHDの息子の理解に対して

私の両親という壁がとてつもなく屈強なものでした。

彼らは自分の孫を病気呼ばわりする人間、娘である私のことを絶対に許さなかったのです。

普通に会話できる。

普通に身の回りのことも自分でできる。

運動神経だって抜群な可愛い孫。

病気なわけがない。そんな病気あるわけない。病気はお前だ!

と・・・娘である私のことを激しく罵る悲しい毎日だったのです。

そして孫の物覚えの悪さや、とにかく多動で聞かん坊で手に負えない部分に関して

お前の育て方が悪い。お前のせいだ。お前のせいだ。

なんて責め立ててくるもんだから

私も毎回頭に血が上ってしまって、頭の固い両親に対しての怒りが抑えきれず

お互い罵り合うという、何の解決にも至らない悲惨な時期でありました。

今思い出しても本当に辛い日々。

世間でも激しく叩かれる日常でしたから

せめて実の親くらいは

優しく包み込んでくれてたなら・・・

遠い過去のように語ってしまいましたが両親はまだ健在です。

しかし今は罵り合うことなく穏やかに暮らしております。

悲惨な日々をどのようにして脱したかと言いますと

私たちはこんな選択をしたのです。

もう諦めたわけです。

理解を求めることを諦めたのです。

両親からも世間からも

わかって貰えなくて良いという道を私たちは選んだのです。

きっと理解を得るのは無理だと確信したのです。

だってそんな私も

イマイチ理解できていなかったというのが本音でもあって。

あの頃は発達障害のことについて、日本中がまだまだ研究段階すぎて・・・

人へ対して理解を求めるのは辞めたのです。

理解しろよ!と訴えるのも、きっと傲慢なのです。

だって私も、そんな人間のことを理解できなかったですし。

お互い様ですね。

こっちが苦しんでいることを察して、少しでも歩み寄ろうとも思わないなんて

人としての機能の違いだと思ったんです。

そういう機能が欠けているんだ

それもいわゆるハンディキャップの一つなのかもしれない、と思ったのです。

それを理解しろと吠えている私もまた問題だらけなのかもしれません。

そして私達は、今の環境から逃げる選択を決断しました。

そのころちょうど、学校にも支援級がなかったということで転校を視野に入れておりましたし、ついでに実家から徒歩5分という環境も変えようと考えました。

親とは距離を置くしかないというところまで追いつめられていたので悲しいことに。

引っ越そうと目を付けた町の教育委員会まで出向き、今の学校での環境を説明して私たちが生きやすい校区を教えて貰えないかな~なんて軽いノリのようなものだったのに・・・

ラッキーなことに、教員を多く配置していて支援に手が行き届くであろう学校を何校か提案して下さったんですよ。

その方の提案の中に、出来るだけマンモス校の方が良いのではないかというお話があり

その理由は

たくさんの児童がいる学校はその数だけ、色んな個性を持つ子がいるわけですからきっと多動児もそこまで目立たないのではないか?

そして、いちいち攻撃してくる保護者もいないのではないか?

というものでした。

その言葉にすがる様に、その土地のマンモス校に転入した私たちは確実に人生の転機を迎えたのでしょう。

提案して頂いたとおり、保護者からの攻撃という問題からは本当に卒業することができ

両親との関係も距離を置くことによって、顔を合わさない分、必然的に少しずつでしたが私たちへの過干渉というものが減っていくこととなります。

今でも家族ですから、もちろん少なからずの干渉は出てはきますが、引っ越しによって、少しくらいなら聞き流す心の余裕が私に備わることになりました。

どうしても辛いなら

逃げるということも、大事なことなんだということを知りました。

そして理解して貰うことが叶わず苦しんでいた日々を振り返ると

何とか知って貰おうって頑張ってはいたけれど

私は逃げるという道を選択したんだなって。

だってそんな時間は無駄だと気づいてしまったから。

この子を幸せにする

それが私の目標なんです。

わかってくれないモノ等に心乱されている暇なんてない。

この子を育てる事だけに夢中になろう。

親のしつけがなってない

育て方が悪い

そんな言葉なんて無視しておけば良い。

私は周りに理解して貰おうと何を必死にもがいていたんだろう?

無理に理解を得て、いったい何がしたかったのか今となってはわからない。

そんなもの

この子の輝かしい未来には何のかかわりもないことなんだから。

きっとこの子は幸せになる!

親が発達障害を認めてくれなくて死にたくなるかもしれませんが大丈夫です。きっとあなたは幸せになれます。
2019.1.26
発達障害の理解については、本当に難しい課題がたくさんありますね。 その中でも他人からの理解を得られないという試練は、定番中の定番ですけれど 親が、我が子の発達障害を認めない そんなパターンも、一昔前は...
  • 親が発達障害を認めてくれなくて死にたくなるかもしれませんが大丈夫です。きっとあなたは幸せになれます。
  • 発達障害への理解を得るのは難しいですが、理解を得るのを諦めても良いでしょう。
  • 発達障害を理解して貰えないストレスなんて、愉快な妄想さえあれば吹っ飛びます。
  • 『こんなの病気じゃない』と発達障害児へ平気で怒鳴りつける指導者が、あの頃は本当にいました。
  • 一般人としての表現は苦手なくせに、特殊な表現は天才的な発達障害の子供たち
  • とても悲しい言葉だった『犯罪者予備軍』なんて言う保護者の声。でもみんな我が子を愛しているだけなのです