モラハラマニュアル@モラハラの洗脳を解くススメ

モラハラ加害者に不幸になってもらうことではなく、自分達が幸せになることが私たちの目的です。

幸せとは様々な形がありますが、ここで言う真の幸せとは子供達を健やかに育てたいということ。

共感して頂けるならば私の提案に耳を傾けて下さい。

モラハラから脱却したい方への提案

 

モラルハラスメントとは?

それは

精神面へダメージを与える暴力精神的虐待

第三者へそのように伝えても『知っている』と簡単に終止符を打たれることでしょう。

しかし真のモラハラ被害者ならばそうじゃないんだよ、もっと深くまでちゃんと聞いてよ!なんて心の叫びを不完全燃焼させているものです。

 

モラハラ被害者が抱えているリアルな苦しみを私ならば知っています。

ですがモラハラを知らない他者へ その理解を求めるのは困難な作業です。

そこがモラハラ被害者にとっては最も絶望的な部分と言えるのでしょう。

 

私がこのような場をつくり世間に呼びかけている理由は、このままで終わらせる訳にはいかないと本気で考えているからです。

目的は世の中へモラルハラスメントの知識を正しく浸透させることです。

そして子供たちの未来のために連鎖を食い止めることです。

 

もちろん私も他者へ伝えようとしても伝わらない絶望を何度も経験してきた一人であります。

しかし、ほんの微力であろうとも目的に近づくことくらいは出来ると思っています。

というよりも、出来ます。

私がそんな勝手な自信を持った理由と経緯はきちんとありますので聞いて下さい。

 

一旦、モラハラから話題は反れます。

たとえば発達障害にしても、ほんの10年ほど前まではソレを知っている日本人なんてほぼいなかったことを覚えていますか?

 

ですが、後に目覚ましい療育の発展がありました。

今となればその名前くらいは、そんな病が実際にあるのだという知識くらいは、世の中に浸透しましたよね。

 

まさに変動期である難しい時代を私は発達障害児と二人三脚で生きてきたのです。

私達はリアルにこの目で見てきました。

療育が発展していく成り立ちを

日本人を進化させた仕掛人を

それは盛大なプロジェクトが始動したわけでもなく、エライ人が尊い活動に腰を上げたわけでも何でもありませんでした。

 

そのカラクリとはあまりにも単純であり、誰にでも出来る事だったのです。

その今ある進化に必要だった要素

それは当事者たちの小さな声でした。

 

それらが集結し、行動力のある人々を動かし、行政を動かしました。

上手く始動し流れを掴むことにより、一気に日本人を、時代の流れを変えてしまったのだということを知って下さい。

 

 

それまでの道のりは過酷なものでした。

当事者たち個々の生きづらい微力な訴えが日々無数にありました。

それは誰にも届かない虚しいモノに思えました。

我が子の生きづらさを知って欲しいけれど「そんな病気なんてある訳ない」と跳ね除ける周囲との共存が当たり前の時代でした。

その絶望の日々、打っても響かない他者との関わり、その記憶が、私のこの身と心には焼き付いています。

 

ところが10年ほどたった今、

その育てづらい理由を伝えれば、意味を理解しようとしてくれる人で世は溢れていきました。

こんな生きやすい日常が訪れるなんて夢にも思っていなかったんです。

 

あの頃の苦しみは無駄ではなかった。

私の上げた声もきっと役に立ったのかもしれない。

今ではそんな幸せを噛みしめています。

 

だからやれると思いました。

モラルハラスメントを埋もれさせてはならない

 

モラハラが発動するまでの経緯に発達、人格の病との関わりが囁かれています。

そのようなことからも必ず抜け道はあるはずです。

あくまでもモラハラ=病との決めつけではありません。

モラハラには攻撃性が含まれますので、それを抑制できないことがモラハラ要素になります。

 

私たちの想いを世間に知って貰う為に必要なものは、被害者が個々に発するリアルな伝言しかないと思います。

その一人である私の無力な訴え、あなたの涙でさえ、必要なものなのだと断言します。

というよりも皆さんの個々の苦しみは、既にもう世の中の一部になりつつあるでしょう。

もう始まっています。

 

私がモラハラ被害に苦しんでる人へメッセージを送りたいと奮い立ったのも、やはりたくさんの被害者の声があったからでした。

 

そして少しでも私の言い分に共感して頂けるのならば、最後まで目を通して下さい。

 

上から目線な発言が多々あるかもわかりませんが、お心広くお許し頂き耳を傾けて下さい。

何の権力もないただの主婦である私の伝言は、エライ人の小難しい論文よりも、きっと皆さんの役に立てると自信を持っています。

 

私と同じく苦しんでいる人々のささやかな伝言が世の中には必要です。

その集結が未来を変えると信じて仕切り直し背筋を正していきましょう。

 

モラハラの洗脳をまずは解く

 

被害者が今の状況から抜け出し幸せになりたいと願っているならば、まず何から始めるべきなのかを伝えたいと思います。

とにかくモラハラの洗脳を解く目標を掲げましょう。

 

ここに訪問されているリアル被害者の方は、既に洗脳が解けかかっていることでしょう。

そのきっかけを更に深め、後戻りしてしまわないように進んで欲しいのです。

守るべきモノの為に、もうひと踏ん張りするしかありません。

 

洗脳からの完全脱却を志す方へ

モラハラの洗脳を完全に解くために、まず頑張って欲しいことがあります。

・モラハラ被害者自身が、モラハラの実態を正しく理解すること。

・『モラハラって何?』と他者から聞かれた時の為に、明確に伝えられる準備をしておくこと。

 

上記のようなスペックが備われば確実に進んでいけます。

けれど言うのは簡単ですね。

何よりも難しい事であるのは被害者ならば知っていることでしょう。

私も知っています。

 

日常を振り返り思い返してみても、モラハラ加害者との日々は、狐につままれたようにこちらが傷つけられているのですから。

 

まずは冷静に日常を思い出してみましょう

 

・いつも相手は突然に激高するのではないですか?

・いつも何故ここで自分が怒鳴られたのかもわからないのではないですか?

 

あなたが真のモラハラ被害者ならば、このような経緯が日常なはずと私は断言してしまいますが間違いではないでしょう。

 

このように振り返り、冷静にモラハラ加害者のパターンを知っておきましょう。

あなたが怒られているのは、あなたが悪いわけではないことを理解して欲しいです。

 

そこを間違えて捉えてしまうとモラハラの洗脳から抜けることが難しくなります。

最も大事なことは、自分は悪くないという事実を普段からしっかりインプットしておくことです。

 

一方でモラハラ加害者は自己愛の塊ですから、自分は絶対に悪くないと信じて疑いません。

それこそがモラハラ加害者の特性でありますので、自分が悪いと最初に間違えて捉えてしまったあなたは被害者であると知っておいて下さい。

 

そしてモラルハラスメント定義を伝言できるまでのステップへ進みましょう。

ごく簡単なもので良いのです。

ささやかな伝言であっても必ず世の中にポジティブな変化をもたらします。

 

もちろん語り継ぐ一員として勝手に巻き込むつもりはありません。

ただ何となく耳を傾けて下さい。

 

被害者たちの小さな声の集結

それが大きな力になっていくことを念頭に置いて下されば幸いです。

モラハラ被害を人に愚痴りたい時の心構え

モラハラ被害について他者に伝えようとしたことはありますか?

上手く伝えられずにモヤモヤが残って終わっただけという被害者の方は数多存在することでしょう。

 

私自身も当事者としてそんな状況を何度も経験してきました。

 

「モラハラで悩んでいる」と口走ってしまった癖に上手く話せない。

なぜ説明できなかったんだろう?という後悔の気持ちを何度も抱いてきたのです。

 

とても難しいことですが、モラハラの洗脳が解けたならば、やはりそのステージから脱したいものです。

 

もう私達は修行を積んできたモラハラのエキスパートなのです。

冷静に振り返り分析をすれば、必ず次の伝言のステップへ進めるでしょう。

 

世間へモラルハラスメントの実態を説明できて納得させられる未来がくるかもしれない。

そう想像するだけでも疲れた心が癒される気がします。

 

一方で、わざわざ言わなくてもいいという考えは立派だと思います。

しかし私は愚痴りたいのです。

パートナーからのモラハラ被害を友人に聞いて欲しいのです。

私のような発散法でストレスをコントロールする方も当然いらっしゃるでしょう。

 

私がモラハラパートナーのことを友人に愚痴りたい時に伝えている情報を連ねてみましたので皆さんの参考になるかもしれません。

 

モラハラ加害者の特徴とは

・怒鳴る罵るなどの技を駆使して相手(私)を傷つける為だけの会話へと誘導するプロ

・モラハラ加害者は定めたターゲット(私)以外の第三者には常識人としての顔を見せることができる

・その演技力は凄まじく巧みであるが為に、第三者にモラハラ被害の理解を得るのは困難

自身のパートナーと当てはまる部分があれば自己流の言い回しを模索してみて下さい。

モラハラの世界観はよくはわからないけれど、穏やかに暮らせていないんだなぁという知識くらいは、この程度でも軽く植え付ける事が出来ている気がします。

 

モラハラの奥深さを嫌というほど知っている私たち被害者からすると、あまりにも簡単すぎる説明文で物足りないかもしれません。

 

友人たち、身内に知って欲しい。

もっともっと伝えたい。

そんな気持ちは痛い程わかりますが、たくさん伝えようとすると失敗してしまうかもしれません。

 

とりあえずは軽く基礎知識を伝える程度で良いのではないでしょうか?

 

おそらく相手は信じてくれません。

もっとも既に経験済みの方もいるかと思います。

 

モラハラの実態を伝えようとしても誰も信じてくれない

 

これを忘れてはいけませんね。

そんなに簡単に伝えられるものなら私達はここまで苦しんでいません。

誰かに愚痴りたい時はほんの軽くを意識していけば傷つくことなく過ごせるでしょう。

 

まずこのような場面では被害者自身の心の健康を守らなければならないのです。

友人などに愚痴ったのはストレス発散だったということを忘れないで下さい。

逆に不安定になってしまうようなことは避けたいものです。

 

誰かに寄り添って貰えるかもと期待して打ち明けたのに、更に心を痛めてしまっては元も子もないと私は思います。

 

モラルハラスメントの実態を広める伝言は少しずつがポイントです。

少しだけでもストレス発散が出来たならば儲けもんです。

モラハラ定義の解説を求められた場合の攻略

 

モラハラについて他者が突き詰めて知りたがったとしての設定を考えましょう。

大事なパートナー(人)へ対して『いじめ』のようなことするのは何故?など、更に突っ込んだ質問を向けられる尊い方もいるかもしれません。

万が一そんな質問のステージへ達したならば、あなたのモラハラ加害者の簡単な説明が相手の心に響いたのかもしれません。

 

もっとも話を途切れさせない為に興味もないのに聞いてきた可能性も考えられますが、とにかく軽く練習するつもりで挑んでも良いかもしれませんね。

 

堂々と自分の攻略した更にレベルアップさせた基礎知識を披露してみましょう。

そんな機会が訪れなくても、モラハラ定義として知識を持っているだけでもモラハラから脱却したいあなたの武器になりますので知っておいて下さい。

いわば応用編です。

私が思うモラハラが発動する仕組みをまとめてみました。

 

モラハラ加害へ発展する要素

大きく分けて2通りの可能性が考えられる(あくまでも可能性)

①発達障害
②自己愛性パーソナリティ障害
上記①は脳の障害②は人格障害
どちらも認知の歪み等がもたらす物事への視点のズレやコミュニケーション能力※以下、コミュ能力の欠如から生きづらさが感じられる(多くは自覚なし)

・何事にも歪みが生じるために会話は論点から別物にすり替わってしまう。別物とは ”自分が被害者という設定”が多くのモラハラ加害者に共通する特徴。

・ターゲットよりも優れた自分でいなければならない概念がとても強く、己の無能な部分を隠すために高圧的な態度になる。

・自己愛が強い人間は、会話の登場人物や流れは『自分一人』または『自分中心』という概念が強く、会話の中の他者の存在が上手く捉えられない。

それらの融合が前提になっているが為に、会話は絶対に噛み合うことがない。

・加えてコミュ能力が乏しいゆえに相手へ対して"怒鳴る、罵る、無視する"そのような攻撃表現が出る。

・多くは知的な遅れがないがゆえに、ターゲット(私)以外の人間にはそのような特性を隠すことができる。←ココ重要

・ターゲット(私)以外との交流ではモラハラ加害者は悪くない評価を受け易い。更には第三者は加害者のことを良い人、穏やかな人という良い評価をすることも多い。
そのカラクリも加害者のコミュ能力の欠如が関係しており、他者との会話も突き詰めて交わすことが困難であるために、ニコニコ、ヘラヘラとやり過ごして生活している為であることが大いに考えられる。

 

あなたが関わるモラハラパートナーに当てはまる部分だけでもインプットして、自分なりの言葉に変換できるようになれば便利です。

 

突き詰めればもちろん何通りもモラハラパターンは出てくるでしょう。

 

たくさんの被害者の声を集め、私の経験から一番重要な部分を書き出してみました。

 

モラハラを語るチャンスがあれば少しでも答えられるように、普段から加害者を分析するつもりで過ごすことも重要です。

 

そして将来的にモラハラ加害者との決別を考えておられるならば、この段階からの解決はもう少し先になるはずです。

とにかく落ち着いていきましょう。

何よりも私自身に言い聞かせる意味合いも含め、皆さんに伝えたいです。

 

モラハラ加害者と同じステージに立っても何の得もありません。

 

こちらは遥か高い位置から見下ろしている心づもりでいましょう。

そしていつでも冷静でいることを心がけていきたいですね。

 

ここで注意して貰いたいのは、発達障害を上げてしまうことにより様々な論争が起きてしまう可能性もあります。

発達障害には様々な特性があり、全ての人がモラハラ加害者になるという概念ではないことを断言しておきたいです。

そのことを踏まえて私の考えをまとめてある記事も併せて訪問して下されば幸いです。

モラハラを広める理由は加害者と戦うことが目的ではない~真の目的とは?

 

私はモラルハラスメントを絶対に許したくないという考えを持っていますが、冒頭でもありますようにモラハラ加害者を不幸にして叩きのめしたいわけではありません。

彼らは勝手に不幸になってゆきます。

私達とサヨナラした後のことは放って置きましょう。

 

もっともここでお話していること全般は、パートナー間のモラハラを前提にしています。

職場でのモラハラだと仕事を辞めればよいという考えもあれば、辞めるわけにいかないというパターンもあります。

家庭以外でのコミュニティでの被害ですと、また違った模索が必要になるかもしれません。

 

しかし共通することはあります。

被害者の在り方です。

 

離婚できない、仕事を辞めるわけにいかないetc.どんな被害パターンであろうが重要なのは戦うことが目的ではないという志を持ちましょう。

・世の中には絶対に話し合ってはいけない人がいます。
・世の中には出来る限り関わらない方が良い人がいます。
・世の中には人を傷つける事なんて何とも思わない人がいます。

 

そのような人達がいるという現実をしっかりと胸に刻み込み、迷惑行為を上手く回避する術を模索し共存するしかないわけです。

 

そして私のような共存は諦め、決別を願いモラハラを伝言しようと決意した者の真の目的を聞いて下さい。

・モラハラ加害者が生み出される原因を世間に知って貰うこと。

・モラハラを根本から食い止めること。

 

その目的を見誤ってしまっては恐ろしいことが起きると私は考えています。

 

もしお子さんがいらっしゃるならば恐れて下さい。

モラハラの現場を目の当たりにして育った子供たちは、モラハラ加害者、被害者になってしまう連鎖が考えられるのです。

 

最も恐れるべきものはモラハラの連鎖です。

 

私達の我が子の未来のために、これは絶対に食い止めねばなりません。

子供達を健やかに育てるためには私達が知識を蓄えるしか道はないのです。

 

そして私は子供たちと幸せになりたいのです。

あなたや大事なご家族も幸せに暮らしていけるよう祈りをこめて私は断言します。

 

モラハラは治らない。

モラハラ加害者からは逃げるしかない。

 

そして前へ進む為に必要なことを念頭に置いてください。

 

まずはモラハラの洗脳を解くこと

新たな人生をスタートさせた場合の見通しを立てること

 

被害者のリアルな伝言は、子供たちの健全な未来に必要なことなのです。

 

正しい情報を身につけ明るい未来を必ず手にしましょう。

 

私達の本当の笑顔は絶対に戻ります。

 

 

LINEオープンチャットDVモラハラ被害者の会

にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
いつもクリック協力ありがとうございます。にほんブログ村



 

 人格障害について記事では多く触れておりますが、必ずしも人格の病を抱えている人の全てが、モラハラ加害者であるという原理ではありません。

なぜならモラハラ定義において問題なのは病ではなく攻撃性になります。

人格の病を煩っていても、攻撃性の抑制が出来る人はモラハラを発症しないと私達は考えています。

 #モラハラ被害者駆け込み寺

このハッシュタグをSNS上で見かけたら私達の仲間です。

モラハラ被害者が立ち上がっていることを世の中にアピールするためにメンバーと作ったハッシュタグ。

私達の目標は子供達へ及ぶモラハラの連鎖を断ち切ることです。

パートナーからの洗脳され度チェック

自己愛性パーソナリティ障害テスト

モラハラ診断テスト