モラハラ心理@被害者意識が異様に強い

パートナーのモラハラ要素を確認

パートナーとの噛み合わないコミュニケーション

そのカラクリを知りたいならば、私の話に耳を傾けて下さい。

運命共同体である愛し合うカップルは、全てにおいて対等であるべきなので、片方だけが上から目線で指示したりなんてことは言語道断。

ふつうは相手を思いやりながら、健全な家庭を築いていくものだと思うのです。
ところが不思議な被害妄想にとらわれて、こちらを悪者扱いしてくるパートナーにモヤモヤしているなんてことはありませんか?

 

例えば…

・あなたのことが怖くて自分は怯えているんだというポジションに立とうとする…なぜ?

・あなたをいつも怒っている人というポジションに立たせようとする…なぜ?

・あなたに押さえつけられている主従関係が二人の日常だという設定にしたがる…なぜ?

あなたには全く身に覚えのないことだらけ。

なぜそんな扱いを受けなければいけないんだろう?とモヤモヤしているならば、モラルハラスメントを疑いましょう。

モラハラ気質のパートナーにプロデュースされる

パートナーは何故か偽りの自分を演出する。しかもあなたの株がどんどん下がっていくような設定をあえて組み込みませんか?

それを材料にして交友関係を盛り上げていきませんか?

こちらからするとワケがわかりませんが、実はモラハラ被害パターンによく見られることでありますので、その性質を紐解いていきましょう。

あなたの日常はこうなる

・パートナーによる異常ともいえる被害妄想によって、本来あるべき自分の姿を見失ってしまうことになる。

・パートナーと人生を共にしようと決意した頃の安定した二人の関係がどこにも見当たらない。

・パートナーにプロデュースされてしまった自分の人物像を周囲の人間は本来の私だと思ってしまっている。

このパターンで苦しんでいるモラハラ被害者は多く存在します。

自分可哀想アピールをと共にパートナーを貶める不思議な人がリアルに実在するのです。

不思議の極めつけは、あなたと二人の時は何かと上から目線でモノを言ってくるし、どちらかというと攻撃的ではないですか?

にも関わらず第三者が絡むと豹変する。

「自分はいつも強気に出ると怒られる」というような偽りの日常を演じませんか?

 

このような意味不明な演出を平気でやってのけるパートナーに悩んでいるという方は、やはりモラルハラスメント被害にあっています。

モラハラ気質の異常な承認欲求

自分は可哀想、自分はこんなに頑張っている、家庭では下僕のように扱われている、などの自作ストーリーを周囲へのアピール材料にするモラハラ気質。

要するに”嘘つき”にも当てはまりますが、彼らからすると嘘をついている自覚もありません。

これらは突き詰めると非常に奥の深い話になってしまいますが、様々な人格の病が潜んでいると考えるのが無難です。

彼らの不可解な心理

・承認欲求が人一倍強く、自分を見て欲しい、褒めて欲しい、という考えで支配されているようです。

・彼らが一番欲しているものは母性や父性です。パートナーを母親認定してしまう性癖があり、遠慮なく甘えてもよい対象にしてしまうようです。

・誰もが若かりし頃に親への愚痴を友達に言ってみたりという経験があるのでは?そのような感覚で周囲にパートナーの文句を悪気もなく言いふらすことにより心の安定を保っています。

モラハラ気質が強い人は自己愛性パーソナリティ障害を煩っているのではないかとも考えられておりまして、それ紐解くとパターン化しているモラハラ行動に多く当てはまります。

パートナーの自己愛診断を試してみても良いかもしれません。

モラハラ気質が好む自己プロデュース

被害妄想が強いモラハラ気質が良く言うセリフで、”自分が…”そんなことをしてもどうせ怒られる。そんな提案をしてもどうせ怒られる。

このように、モラハラな人は、いつでもどこでも被害者を装います。

そのような設定がなによりも大好物。

いつも自分は怒られている、肩身の狭い想いをしている、立場が弱い、何もさせて貰えない、何も決めさせて貰えないetc.

『どうせ』『どうせ』『どうせ』そんなニュアンスの言葉を連発していませんか?

可哀そうな自分という人物像を演じることに徹底します。

どうせどうせ等の口癖と被害妄想を武器に、家のことや子供の世話などの一切を関わらろうともせず、全てパートナーに押し付けてくるタイプが多く見られるかもしれません。

こちらが何も協力してくれないことを指摘したとしても、被害妄想の塊でぶつかってくるのではないでしょうか?

どうせ文句言われる。

どうせ怒るくせに。

どうせ どうせ どうせ、そんなネガティブ表現のエンドレスになるわけです。

怒るから、文句いうから、○○だから、だから自分は何もしない、もしくは出来ないんだ、そっちのせいで…

自分が無能であることを何故か相手の責任ということにして、問題の真相をすり替える技術を持っています。

そして、そんな状況を他者に触れ回り承認欲求を満たすのが、彼らにとっては大好物な設定を築き、こちらに精神的ダメージを強く与えるのも、モラルハラスメントの典型的なパターンです。

モラハラから抜け出す対処法

一つ質問ですが…あなたは今までにパートナーを怒ったり、否定したり、罵ったりして相手が怯えるようなことをしたのでしょうか?

そういえば元々は自分がそうだったのかも……なんて記憶があるならば、それはあなたがモラハラ加害者ではないかと指摘しなければなりません。

しかし当然、身に覚えがないというならばモラハラ被害にあっているのはあなたなのだと考えましょう。

 

何故、あなたは身に覚えがないのに、恐くて?ワガママで?気性が激しくて?意地悪な人?なんて世間から勘違いされ孤立してしまっているのか?

今一度、その部分を考え直してみるべきなのです。

 

本当は事実無根であるということを誰も信じてはくれない、理解してくれない。

パートナーが創り上げた被害妄想でいっぱいの世界が現実のものとして誰もが認識してしまっている。

 

このままの状態で人生が続いていってもあなたは平気ですか?

あなたが囚われているモラハラの洗脳を解かなければ、あなたがハマってしまったループは無限に続きます。

それがモラルハラスメントの恐ろしさなのです。

 

伝えておきたいのは、人格の不具合は治らないと考えておくのが無難だということ。

愛するパートナーに対しても、健全な目線で接することはモラハラパートナーには無理です。

そして、他者から指摘されることを嫌う彼らに改善をお願いすることは無謀なことであり、彼らは本能的にパートナーが自分にひれ伏すまで叩き潰すという信念を貫くことが決まっています。

それが人格の病の特性とも言えますし、本人は無自覚ですから、モラハラが改善されることはないと考えることをオススメします。

 

対処法は?と良く聞かれますが、出来る限り関わらない、逃げる、それしかありません。

彼らにとって最も恐れていることは忘れられることです。

母親認定した者の記憶から、自分が消し去られることを何よりも恐れています。

こちらが反応すればする程、彼らは喜びます。

あなたの悲痛の叫びは彼らに活力を与えるだけなので時間の無駄だと気が付きましょう。

 

このままでいても、パートナーは一生、あなたに怒られるからいつもビクビクしているという設定を世間にアピールしながら生き続けていくのです。

その役割はあなたでなくても良いのではないでしょうか?

あなたが去っても、彼らはまた別のターゲットを上手く見つけるでしょう。

それもモラハラ気質の強い者に多く見られる人生パターンでもあります。

 

あなたの幸せの為にも早急に自立の道を模索しましょう。

 

LINEオープンチャットDVモラハラ被害者の会