モラハラ心理@あなたの悪口を言いふらし周囲から孤立させる

パートナーのモラハラ要素を確認

パートナーに違和感があるならば耳を傾けて下さい。

あなたのモヤモヤと当てはまるかもしれません。

パートナーの家族や友人、職場の人たちとの交流についての話題

 

それは日常生活において必要不可欠なものかもしれません。

あなたは愛する人の周囲の人間とも末永く付き合っていこうと決心したのだと思います。

ところが頑張っているあなたの想いとは裏腹に、なぜか周囲の人たちは、あなたの人柄を勘違いして認識していませんか?

 

たとえば…性格のキツイ我儘な人間だとかの身に覚えのない人物像が定着しているなんてことも。

 

それどころか…よくよく観察してみると

あなたの間違った情報、すなわちあなたの悪口をみんなに言いふらしているのは紛れもなくあなたのパートナーが犯人だった。

 

そんな経験はありませんか?

 

もし該当するならば、それはモラルハラスメント被害かもしれません。

モラハラ気質は演技力に長けている

愛するパートナーが何故そんな酷い事をするのでしょうか?

そのメカニズムを紐解いていきましょう。

 

モラハラ気質の特徴として・・・

・自分はこんなに可哀想というアピールを周囲の人間に見せる特性を持っています。

・パートナーの困った話を創作しては周囲に披露し、自分は頑張っているアピールをします。

・たとえば家事や育児をあなたが全然やらないという設定を創り上げたり、自分が全て管理しているというような類の嘘をつきます。実際に家事や育児に関わらなくとも平気で嘘をつけます。

 

多く見られる例をあげますと、モラハラ気質の人は、常に誰かに褒めて欲しいと望んでいます。

あるあるエピソードとして、ことあるごとに『自分はこんなことできるから褒めて!』と言わんばかりのアピールをしてきます。

わざと、とぼけた表情をしてみたり、天然キャラのような自分をプロデュースしたり。周囲から可愛がられる振る舞いを難なくやってのけるのです。

というか得意中の得意といった感じです。

『頑張り屋さん』などの評価、賞賛の言葉を浴びるのが大好きであり、周囲の人間からそれを獲得するためには、自分のパートナーの価値を下げることくらい平気なのです。

何故そんなポジションに付きたいのか一般的には意味が分かりませんが、自己愛が強い人間にとっては無くてはならない設定になります。

彼らは平気で嘘をつき、演技力が長けていますので、悪知恵が働くズル賢い子供とイメージするのが適切かもしれません。

嘘つきな子供の状態で成長したモンスターに陥れられたあなたには、気が付けば話を聞いてくれる人はいなくなってしまいました。

そんな被害を訴えてみても無駄なんです。あなたの言い分が嘘だと思うように周囲も洗脳されてしまうのですから。

ようするに…

・あなたが受けているモラルハラスメントについては信じてくれる人は、ほぼいないでしょう。

・逆にあなたが訴えれば訴えるほどに、皆あなたのことを我儘なキツイ人間だと感じます。

・『あんなに素敵なパートナーがいるのに文句ばっかり言っている人』と信じられない言葉を投げかけられることも珍しくありません。

・気が付けばあなたは完全に周囲からは孤立してしまうのです。

 

耐え難い状況ではありますが、これはモラハラあるあるの典型的なパターンなので、既に経験済みの方も多いかと思います。

 

このような経験を経て、多くのモラハラ被害者は、確実にパートナーのことを嫌いになっていきますね。

ですがモラハラパートナーの方はというと、このような状況になっても訳がわかっていません。

自覚が全くないのでビックリしてしまいます。

 

本人は己が創り上げた空想の世界が真実だと思い込んでいるんですよ、信じられません

更に、なぜ嫌われているのかもわからないと平然と言ってのけ、「一方的に嫌われたなどの被害妄想の上乗せが衝撃です。

なんとも恐ろしいこの現象ですが、投影同一視といいます。

これは正式な名前のある人格の病なのですが、それについてビックリするほど分かりやすい解説をされている葛藤ナマモノさんの記事をぜひ読んで欲しいのです。

モラハラ被害の現場では、絶対と言ってよいほど見られる現象なので、名前があったんだ!と思わず声が出てしまうでしょう。

モラハラ被害者は「投影同一視」を知っておいた方がいい!~葛藤ナマモノ

 

人格の病を抱えた者との関りは一筋縄ではいきません。

あなたが疑問の声を上げれば上げる程、”あなたの頭がおかしい”という結論に至り、逆に厄介な人と位置付けられてしまいます。

モラハラパートナーの名演技が発動したならばあなたは取り付く島もありません。

 

モラハラから抜け出す対処法

このままだとあなたは一生幸せにはなれませんね。

人格の病から発動するモラルハラスメントは絶対に治らないと考えるのが無難です。

解決法は逃げるしかないのかもしれませんし、出来ればそうした方が良いです。

このような人たちから離れるポイントは、戦わずに逃げる、負けて勝つをテーマに挑むと良いです。

何が何でも自分が勝たねば気が済まない相手なので、こちらが戦闘態勢になったならば戦いは長期戦になるでしょう。

モラハラ気質が強い人間は、ターゲットを打ち落とすことに人生を賭けているのですから。

これは冗談ではなく本当の話です。

自己愛が強い人間は、卑劣なことも空気を吸うように出来てしまいます。

関わっていては時間の無駄なので、あなたは幸せになるために別の道を模索しましょう。

 

モラハラなパートナーは、例えあなたと別れたとしても一生あなたの悪口を周囲に言いふらして生きていきます。

『あの頭のおかしい奴』と言い続けるのです。

腹立たしくはありますが、そこはとんでもない人間に捕まってしまった若気の至りとし、グッと堪えて諦めましょう。

 

どうせ相手は幸せなんかには一生なれません。

これも一つの経験値としてあなたの財産になります。

 

あなたは幸せになりましょう。

LINEオープンチャット被害者の会

 

PAGE TOP