モラハラ心理@怒鳴る、罵る、否定する

幸せになるつもりでいたのに何かが違う。

モヤモヤの正体を探しているならば耳を傾けて下さい。

パートナーに怒鳴り散らされる日常なんて悲しいですよね?

パートナーのモラハラ要素を確認

罵声を浴びせてくるパートナーの恐ろしい声。

饒舌な羅列は、あなたを罵ってくる。

そして言葉や考え方をことごとく否定されていく。

あなたを傷つけることで、パートナーは満足している?

そんな悲しい仕打ちを受けている方に確認しておきたいことがあります。

 

冷静になって良く考えて下さい。

あなたはパートナーから怒られている理由を知っていますか?

あなたが悪いことをしたから怒られているのでしょうか?

本当に理由がないのならば、モラルハラスメント被害にあっているかもしれません。

モラハラ気質の心理は異質な独占欲

なぜ愛するパートナーは、不思議なタイミングで暴言を浴びせてくるのでしょうか?

それには彼らなりの理由があるようです。

そのカラクリを共有していきましょう。

 

それはどんな原理?

・モラハラ気質の一番の習性として、相手への独占欲が見られます。

・同棲、婚姻、出産etc.何らかのきっかけが原因により、一気にその欲求は溢れ出します。

・パートナーを母親(父親)認定する性癖があり、無自覚で母性(父性)を求めてきます。

 

自分の所有物と断定したあなたに対するコミュニケーションが、異質なものとして表現されていきます。

たとえば天気の話だとか、共有したい楽しい出来事、食事の話

ただただ普通の会話を持ちかけても、なぜかあなたが怒鳴られたりしませんか?

あなたの考え方や発言を罵ったり否定される形で会話の終わりを迎えませんか?

 

あなたは、「自分の発言が悪かったのかな?おかしかったのかな?」なんて泣き寝入りしていませんか?

 

もしドンピシャに当てはまる日常ならば断言しましょう。

あなたは何も悪くありません。

モラハラ被害にあっています。

 

自覚できたならば、洗脳を解く為の方法を模索しましょう。

モラハラ気質は相手を格下に置くことに喜びを感じる

パートナーに罵声を浴びせられるのが日常になっているあなた。

そもそも、あなたは叱られるような会話なんて一つも持ちかけていませんよね?

今一度、冷静になって軌道修正をしていきましょう。

 

よく見られるモラハラ気質の特性の一つで、こんな例があります。

相手を自分よりも格下に位置づけなければ満足できない

このような歪みありきの会話しか出来ないパートナーに問題があるわけで、会話のキャッチボールが出来ていないのは、あなたに問題があるわけではありません。

 

ここまでわかっても、改善は無理かもしれません。

あなたがパートナーのおかしな部分を指摘し、関係の修復をしようものなら、彼らは物凄い剣幕で怒り狂うはずです。

格下のあなたが自分より一段高いところから発言するなんてことは、彼らのシステムには組み込まれてはいません。

モラハラは人格の病が関わってくると囁かれています。

自分の非を認める機能などは備わっていないと考えるのが無難であり、指摘なんてしたら大変なことになります。

間違っているのはそっちだと、こちらを非難することを彼らは選ぶでしょう。

相手がひれ伏したと納得するまで攻撃を止めることはありません。

それでもこちらが反発の要素を見せようものなら、彼らはいつもの名台詞を決め込んできます。

『お前の頭がおかしいからだ』とのフレーズを投げかけられているあなたが目に浮かびます。

私はあなたのパートナーを存じ上げませんが、モラハラはパターン化しているのでわかるのです。

ここで注意点ですが、こちらも戦闘態勢になってしまうとモラハラループは無限に続いていきますので、対処方法を考えていきましょう。

モラハラから抜け出す対処法

あなたの頭はおかしくはありませんが、人格の不具合を起こしている者と共存していると、鬱などの脳や心の病になってしまいます。

自分のペースでも構いません。どうか洗脳を解く準備だけでも始めましょう。

情緒的な相互関係が築けないことにより生じた身体的、精神的症状はカサンドラ症候群という症状名があります。

モラハラパートナーとの噛み合わない生活により、あなたがカサンドラになっているのは確実です。

その改善に必要なのは、悩みをを吐き出し、心からの共感を得られること。

それにより癒され、今の状況から抜け出そうと思える力が蓄えられます。

当サイトが開放しているLINEオープンチャットを上手く活用して下されば幸いです。

あなた以外のモラハラ被害を知ることも前進のきっかけになります。

 

彼らの持つ人格の病は治らないと考えるのが無難であり、モラルハラスメントは絶対に治らないと思っておきましょう。

もしお子様がいらっしゃるならば、親の心の健康こそが子供たちには必須アイテムになります。

虐待を受けて育った子供が息を吸うようにそれを繰り返すならば、モラハラな親を見て育った子供たちも、モラハラ加害者や被害者になる要素を持ってしまいます。

現にモラハラと断定できそうなあなたのパートナーの育った環境や家族はどうでしょう?

残念ですが、揃いも揃ってパートナーと同じ要素が感じられることが多いかもしれません。

子供たちの健全な未来のために、私達の意識を変えていきましょう。

LINEオープンチャットDVモラハラ被害者の会

 

PAGE TOP