モラルハラスメントとは?被害者からの伝言

モラルハラスメントとは?言葉の単独行動

モラルハラスメント定義をひたすらオタクのように模索してきた私が気になり始めていることがあります。

最近のニュースで織田信成選手のモラハラ事案が世間を騒がしていたこと等とも関係があるかもわかりませんが、

世の中にモラルハラスメントの知名度が一気に広まって来たように思います。

 

夫からのモラハラの洗脳が解け、その実態を世に広めたいと考えている私のような当事者は数多存在します。

そんなリアル当事者が切に感じていることを聞いて下さい。

モラハラという言葉の独り歩きが過ぎるということ。

 

冗談抜きで由々しき事態です。

 

なぜならそれがモラハラの問題自体をカジュアルにしてしまっている気がしてならないのです。

 

気がつけば多くの人がそのワードを気軽に自分の日常に当てはめるようになりました。

 

モラハラ夫、モラハラ彼氏、モラハラ上司 etc

 

いつでもどこでも耳にするモラルハラスメント

誰もが気軽にモラハラ被害者になれてしまう環境が出来あがってしまいました。

 

しかし本当に苦しんでいる人がいる

そのことを知っている人はいるのでしょうか?

そのリアルな現場を理解できている人は現実問題ほとんどいないと思われます。

 

モラルハラスメントとは言葉や態度で精神的なダメージを与えること

精神的虐待

 

これくらいの基本情報は耳にするだろうと思いますが、目に見えない危害を加えられる恐怖をモラハラ被害経験がない方には想像できないのです。

心から共感しあえるのは本物のモラハラ被害にあっている当事者でなければ難しいのが現実。

 

リアルなモラハラ被害の経験がない人には『モラハラ=少しキツめの口喧嘩』のような認識くらいしかないでしょう。

 

真の当事者からすると口喧嘩なんて概念は1ミリもないんですから何とも逃げ道のない心のモヤモヤが蓄積される毎日です。

私達が言うモラハラとは『相手の攻撃力が半端ない日常』といっても更に知らない人は混乱することでしょう。

 

結論から申し上げると、モラハラ加害には正式な病名がついています。

いくつものモラハラ定義を紐解くと見えてくるものは人格障害の数々でした。

人格の病を持つ者との共存の恐ろしさを世間に知って貰うことが、この私達のモヤモヤを解消するカギになります。

 

当サイトのモラルハラスメント定義から、一人でも多くの方が前に進むための知識が広がれば幸いです。

人格の病であるモラルハラスメントは絶対に治らないのだと伝言していくと共に、ここを通じてモラハラの洗脳が解けた皆さんが個々に目標を持ち、幸せの見通しを立てることが私の最初の目標です。

 

個々の目標とは何でも構いません。

仕事を見つけて社会復帰したいと考える方もいるでしょう。

今のパートナーと別れて新たなパートナーを探したい、そして次こそは相手選びを間違えないように知識を蓄えたいという考えもアリです。

 

とにかく何でも良いのであなたが幸せになる為のヒントをここで見つけて貰いたいと思います。

 

そして当事者でない人にもこの記事を通して知って欲しい事が山程あります。

 

もし興味を持って頂けるならば、少し長くなりますが私の伝言に目を通して頂ければ幸いです。

 

モラルハラスメント 例 ①被害者が最初に遭遇する恐怖

かくゆう私も、夫からのモラルハラスメントを現在進行形の課題として背負っています。

そんな私からモラハラを知らないという方に、まずお伝えしておきたい情報があるのです。

被害者が最初に遭遇するモラハラの恐怖について

 

目に見えない暴力であるモラルハラスメントは、文字通り目に見えないことが原因での大きな問題点があります。

 

できれば当事者の前に立ちはだかる恐ろしい壁を想像してみて欲しいのです。

まずあなたが当事者だと仮定してみてましょう。

パートナーから、暴言などの精神的虐待を加えられている自分を空想してみましょう。

 

あなたならどんな行動を起こすでしょう?

自分が受けているモラハラの苦しみを第三者へ相談したいと思う瞬間が訪れるのではないでしょうか?

もちろん救いや癒しを求めて。

 

被害者になれば誰もがそんな心理に覆われます。

 

相手にすがる思い、ただ聞いて欲しいという希望、心の闇を解消する為に信頼する人へ悩みを打ち明ける。

 

しかしモラルハラスメント被害の例としてあるあるなのはコレです!

そんなことをしようものなら瞬く間に深い闇に叩き落される。

 

あなたが身近な人へ勇気を出して打ち明けた想いは、確かに声にしたはずなのに誰の耳にも届きません。

 

全く信じて貰えないという何とも恐ろしい現象に遭遇するのです。

 

決して相手はキツイ言葉を浴びせてくるわけではなく、ただポカンとしていることが多いかもしれません。

 

『何言ってんだコイツ』と言いたげな呆けた顔を見せてくれます。

 

それは実際に何度も経験している私でもまだ信じられないですし、腹立たしい気持ちでいっぱいになるのです。

 

結果、その話題はあなたの妄想や大げさな捉え方として聞き流されて終わりとなってしまいます。

 

これを経験した被害者は『自分は一人で苦しむことになる』という恐怖と絶望と孤独を一気に思い知ることになるのです。

 

それはモラルハラスメント被害者ならば誰もが最初に通る道、モラハラあるあるの王道となります。

 

なぜそんな現象が起こるのかには何種類かの複雑な事情が絡み合ってきますが、そのカラクリを突き詰めての解説は、この先のモラハラ解説記事で投稿しているので今は割愛します。

 

モラハラ被害者は、とてつもなく孤独な戦いの最中にいる人、ということをモラハラ知識として念頭に置いて貰うのを今回の目的にしようと思います。

 

この先、私が語る掴みどころのない被害者の言い分をちょっとでも理解して貰うために。

[aside type=”normal”]モラハラ解説記事[/aside]

 

モラルハラスメント 例 ②誰も信じてくれない恐怖

モラハラの理解を深めようと、このような記事を作成している私でも思うことがある。

 

『どうせわからないんでしょ?』という私の本音を先に伝えておきましょう。

 

既に伝えましたが

モラルハラスメントの苦しみを相談してもイマイチ信じて貰えない

被害者が経験する第一の壁として訪れる試練です。

 

ここで信じてくれない第三者のメンバーとして、きっとこの記事を読んで下さっているあなたも例外ではないと思います。

イマイチ信じることが出来ないという第三者の感想は、当たり前だからです。

 

目に見えないのですから、まさに雲をつかむような話。

それが未だこの問題の理解を世に浸透させる為の妨げになっている重要な要素になっています。

 

私の生きてきた日々は、ひたすらそんなものでした。

どれだけ声を大にして語ったところで無駄。

 

モラルハラスメントのリアルな現状は誰も信じないんでしょ?

私の念頭には常にその想いが第一に君臨しています。

 

『じゃあ語ってくれるな』と言われるでしょうがそれでも私は綴ろうと思います。

 

モラルハラスメント定義について語り続ける、後世に伝言していく。

誰も信じてくれなくとも私にできることは、もうそれしか残っていないからです。

 

私の苦しんだ日々を無駄なものにしたくないという確固たる執念が私を支配していた時期もありましたが今は少し違います。

モラハラ定義を紐解いていくと見えてきたもの、それは恐ろしい人格障害の数々でした。

そして人格の病は連鎖していきます。

親から子へと。

 

結論から言うと、今となっては我が子達の為でしかないのかもしれません。

世の中にモラルハラスメントが発動する知識を浸透させることが、愛する子供たちの生きやすい未来に繋がります。

 

人格障害の親を見て育った子供もモラハラ加害者、被害者になる可能性があります。

それを意地でも食い止めます!

 

モラハラの洗脳から解けたからには、ただ漠然と生きていくわけにいきません。

モラハラの知識とそして対処法を世に広める為に伝言していきます。

 

このサイトは、パートナー間のモラルハラスメントについての議論の場になりますが、被害者の小さな声の集結が世の中を変えていくと知って下さい。

 

モラハラと発達障害の関連性

 

モラルハラスメントが発生するに至っては加害者や被害者の育った環境、教育、親の愛情など、幾多のステージで積み上げられた歪みが深く関係してくると考えられています。

 

奥深く、一言では語りつくせない問題をひとつひとつ紐解いていくと共通した要因が見えてくるのですが、何らかの病が関わっているのだとわかります。

 

その中でも発達障害の特性に当てはめると腑に落ちることが多くあります。

実際にそのような意見を被害者の声としても聞くことが出来ます。

 

しかし私は専門家ではないので、モラハラが発達障害に紐づいているということを断言することはできません。

あくまでも特性を重ね合わせると関連性が高い気がするという素人の意見なのだという理解のもと当事者である私の話に耳を傾けて欲しいと思っています。

 

私自身が発達障害の子供を抱えていることもあり、夫にもその傾向が見られるので、発達とモラハラの関連性を絡めての考えを記事にまとめました。

 

 

モラハラと自己愛性パーソナリティ障害

私達が主に苦しめられているモラハラ定義を紐解いていくと確実に断言できるのは、人格の病との関連性は絶対にあるということです。

モラハラ加害者は人格障害者です。

定義を分析していくと幾つかの人格障害が浮上してきますが、その中でも割合をしめるのが自己愛性パーソナリティ障害になります。

 

自己愛性パーソナリティ障害とモラハラの関連性について、とても興味深くまとめていらっしゃる記事リンクを貼り付けておきます。

自己愛についてより理解が深まる内容になっています。[aside type=”normal”]egoさんnote[/aside]

 

私が作成した自己愛チェックも是非ご活用ください。

ビックリするほどモラハラ加害者に当てはまることでしょう。

 

また、最近の私が最も注目していることがあります。

 

モラハラ加害者が、加害者にも関わらず、自分こそがモラハラ被害者なんだと主張する事案についてです。

SNSなどでとても多く聞くモラハラあるあるの王道とも言えるこの問題。

今まではモラハラの延長線上にあるただの嫌がらせなのだと私は認識していました。

 

しかし衝撃の事実を知ったのです。

加害者本人は本気で言っているのだということを

それには投影同一視という病名がありました。

それについてビックリするほど分かりやすい解説をされている葛藤ナマモノさんの記事をぜひ読んで欲しいのです。

この現象に名前があったんだ!という衝撃を受ける事でしょう。

モラハラ被害者は「投影同一視」を知っておいた方がいい!~葛藤ナマモノ

 

 

カサンドラ症候群

パートナーとの情緒的な総合関係が築けないことにより生じた身体的、精神的症状はカサンドラ症候群という症状名があります。

モラハラ被害者との共存により、私達は確実にそのステージへ達しています。

人格障害者との共存が長期化するほど、鬱などの脳や心の病を発症してしまいます。

私達は病んでいるのだという自覚が必要になります。

しかし自分の改善こそが一番最初にしなければならないことだと、今の段階では気づけないでしょう。

 

改善に必要なのは悩みをを吐き出し、心からの共感を得られることです。

それにより癒され、抜け出そうと思える力が蓄えられるのです。

モラハラ定義には様々な病名が当てはまることを知識として知ること。

被害者の会を通してモラハラの洗脳を解くことが当サイトのテーマです。

私達が開放しているLINEオープンチャットは似た悩みを持つ者が集まったグループです。

現在進行形で苦しんでいる者、抜け出せた者、癒しの言葉を紡ぎだせる者、専門知識が豊富な者、様々なメンバーが集結しています。

あなたの苦しみの声も誰かの役に立ちます。

発言はしなくても参加できます。

入退室はいつでも自由です。

毎日癒して貰える空間を上手くご活用ください。

LINEオープンチャットDVモラハラ被害者の会

最後まで読んでいただきありがとうございます。

PAGE TOP